ライブレポート(4/21/2018)

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました (^O^)

今回のテーマにふさわしい、おひさま日和 & ライブ日和となりました♬

◆オリジナルカクテル

前回の教訓を活かし、安藤さんと事前にレシピを考えてきました!

ライブコンセプトが【太陽】なので、有名な「テキーラ・サンライズ」をお手本にアレンジしました。

・レシピ →ライチ + オレンジジュース +グレナデンシロップ

・ネーミング→【 mm ♬ ソレイユ 】

「mm」は、私と安藤さんの、下の名前のイニシャル。

「ソレイユ」は、フランス語で 太陽。

※本当は、あいだにト音記号入ります(変換できなかった)

余談ですが。テキーラ・サンライズって、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが絶賛したことがきっかけで、発祥地メキシコから全世界に広がって有名になり。

その後、イーグルスの曲のタイトルにもなった、音楽と縁が深いカクテルなんですって♪

♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬

◆セットリスト

・Walking on Sunshine – Katrina & the Waves

・Sunshine Girl – moumoon

・I Can See Clearly Now – Jimmy Cliff

・Here Comes the Sun – The Beatles

・A Place in the Sun – Pushim

♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬

◆Gear

今回、自前の白いマイクスタンド持ち込みました。

私を知るいちぶの人達にはお馴染みの小道具ですが。私を知らない方達はビックリしてたようでした…

あと、ピアニカ、今回は使うつもりなかったのですが安藤さんの提案で加えました。

お客様から

「ピアニカの音色もいいなあと思った」

と言っていただけてハッピー(o^^o)

◆ビートルズ《Here Comes the Sun》

じつは早い段階から計画してたJ-POPの曲をとりやめて、途中からこの曲に差替えました。

 私のわがままで安藤さんの仕事を増やしてしまいました。

が、彼女、暗譜してきました!!

おまけに、練習の際に私がほんのちょっと、歌いにくそうだったのを察して、彼女のほうからキー上げを提案してくれました。

本当に頭が下がります。

後半の、怒涛の変拍子ではオーディエンスのみなさんと一緒に手拍子出来て楽しかった(私がいちばん出来てなかったという噂も…)

(^^;)

手拍子って、なんとなく「青空感」につながる雰囲気が出ますね!

◆Pushim 《A Place in the Sun》

この曲、スティービー・ワンダーのオリジナルです。

安藤さんの提案で、日本人アーティストPushimのバージョンを採用しました。

曲の雰囲気がジャズ寄りになり、スティービーの原曲とはガラリと変わったものになりました。

セトリはすべて私の選曲ですが、安藤さんから色々提案してもらった結果、自分が想像もしていなかった方向に世界観が広がっていきました。

こういう経験ができるから、コラボレーションは楽しいですね!

◆お土産

お越し下さった方にお渡しした、「太陽の石」といわれるパワーストーンのシトリンですが。

お守り代りにお財布にいれたり、ポケットに入れたり。枕の下に置いて夢見を良くしたり。

みなさんのセンスで、使い方工夫して可愛がってあげて下さい。

黄色い石は健康運・金運に効果あると言われてます。

可愛いがったら宝くじ高額当選とか、あるかもしれないよ♪(その際はぜひご一報を!)

♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬‧*˚✧♬

客席の、にっこり笑顔の方とバッチリ目が合ったり。

目を閉じて、静かに身体を揺らしながら聴いて下さってる方がいたり。

本番中の緊張のなかで、こういうお客様はまさに、私の心に栄養を与えてくれる、太陽みたいな存在です。

客席との距離が近い、アコースティック・バーだからこそ経験できる貴重な瞬間を、これからも大切にしていきたい。

みなさま、本当にありがとうございました。

水恋鳥ミリー