ライブレポ(7/28/2018)

台風の不安のなか足をお運び下さった、吉澤さま・柿原さま、そしてネコ計画さん、ありがとうございました!!

◆セットリスト

①ねこの森には帰れない – 谷山浩子

②猫になりたい – スピッツ

③Misty – Erroll Garner 

④Cats in the Cradle – Harry Chapin 

⑤夏恋鳥 ~ bird’s eye view ~

 – 水恋鳥ミリー

(ギターアレンジ・ネコ計画さん)

◆オリジナルドリンク

【ミスティ・キティ】

レシピ: カシス + ジンジャーエール 

ネコ計画さんが教えてくれた「キティ」というカクテルをお手本にしました。「キティ」は仔猫という意味です。「ミスティ」は、セットリスト3曲めのタイトルから。

甘い味と辛い味が続けて楽しめる、面白い味になりました♬ネコのツンデレな感じを、味で表現できたかも!?

この日は、各地でいろんなイベントが延期・中止になったことと思います。

グランチェルトではライブを開催しました。(ただ、アーティストさん1 組が出演キャンセルとなりました)

ネコ計画さんと大事な楽器を危険にさらすわけにはいかないので、いざとなったら自分ひとりで漫談でもやろうと覚悟しましたが(笑)無事、計画通りのプログラムを披露する事ができました。

リハ入りするまでの街や電車の様子など、ちょっとした非日常でしたが今となっては良い思い出です(^-^)

◆選曲のこと

私の選曲: ①④⑤

ネコ計画さんの選曲: ②③

ネコ計画さんのアレンジで、②③は原曲とは違った雰囲気になりました。②のスピッツですが、アコギ1本で演奏する事で、せつない感じが増しましたね。

③のMistyは、はじめ「がんばれば、ボサノヴァ風に出来るかも」とネコ計画さんに言われた時は冗談かと思いましたが(笑)、ほんとにボサノヴァ風にリズムを変えて演奏しました。

オシャレに仕上がったんですよ~

④は、邦題「ゆりかごの猫」です。最もダークで最も男っぽい曲を、私が選びまして。

「見かけによらず、こーゆー曲似合うね」とお客さまに言ってもらえて嬉しかったです♪ 私ふだんから、このテの曲に惹かれがちなんで

(^^;)

◆オリジナル曲の初披露について

(つづく)